« 長嶺宏さんのこと | トップページ | 三人姉妹 »

2011年1月17日 (月)

言葉と協働

私は柳田國男の自然主義文学(私小説)批判を、その身辺雑記的な暴露主義と狭隘な個人主義にあるととらえてきた。

自然(現実)をありのままに見つめ、真実を極めるという西欧風の自然主義文学を、日本の文学者たちは差別制度(島崎藤村の「破戒」)や家族制度(田山花袋の「蒲団)といった社会問題のなかにとらえ、束縛(制度)と自由(個人)という観点から作品化していったといわれる。

そこにおいて、古来、連綿として続いてきた人々の暮らしや信仰の背景となるエトスの問題にゆき届いていないと柳田は考えたのだと理解してきた。ただ、柳田が日本の自然主義文学に違和感を感じた本当の理由は何だったのか、よくわからないでいた。内部から人を突き動かすもの、それがこの国の形をつくり、人々の暮らしを支えてきたはずである。それは一体何なのか。

そもそも「私」とは何かという問いかけなしに、私小説批判は始まらない。その「私」の起点になるのが「所有」という概念だと大澤信亮(『神的批評』)はいう。

その上で「自らを記述対象として所有する私小説の発達は、自らの労働力商品を自己所有するという新しい労働者=プロレタリアートの発生を前提している」とし、「労働と貧困に依拠した柳田の私小説批判は私小説的労働の批判として読み直せる」と述べている。

その批判は「孤立した私的な労働が、より開かれた協働の相から実践的に批判」されているのだという。柳田は日向国椎葉で古くから伝わってきた狩の作法を聞いた。そこに現実に行われている「協働」のある理想形を見出している。そこから近代的な協同組合法への展開を夢見ている。

生きるために必要な生産(労働)という行為のなかには、殺戮も含め、目に見えない不思議な力が働いている。椎葉で柳田が直感したものは、労働と言葉と儀式が混然一体としてとらえられているということであった。言葉と協働の同時性こそが、柳田にとって重要だったのだと大澤はいう。

そしてその源に「うた」(労働歌、盆踊歌、子守唄、民謡など)を見出している。それは自然界のあらゆる音(動物の咆哮も含め)を巻き込みながら、共通のコードで結ばれていた。言葉よりもっと以前に、まず「はじめに歌ありき」だったのではないかというのだ。ここでも読む、詠む、呼ぶが連想されてくる。そして利潤の収奪と偏在から生じる貧困を、言葉と協働の面から解決しようとしていたととらえている。

単なる嫌悪からではない。柳田の文学、農政学、民俗学につながる言葉(新国学)の観点から、彼の自然主義文学批判も出ていたということになる。一人称の世界ではなく、二人称、三人称へと広がる世界が夢みられている。そこに何か「もうひとつの可能性」が浮上してくるように思えるのだが…。

|

« 長嶺宏さんのこと | トップページ | 三人姉妹 »

コメント

コメントありがとうございます。
中村光夫は「新国学談その他」のなかで、柳田の文学との決別は日本文学にとって隠れた悲劇であったといっています。柳田民俗学の知見が文学として活かされていたら、大江健三郎以上のノーベル賞作家(詩人)になっていたかもしれませんね。しかし、その決別のなかに鋭い問いが未だに横たわっているのを感じます。

投稿: | 2011年8月22日 (月) 23時33分

はじめまして。柳田國男関連で貴ブログに逢着しました。小生は、柳田の自然主義文学嫌いを、友人だった田山花袋をはじめとする文学青年に見られる浮薄な知識人然とした生き方に違和感を覚えたことが端緒となっているのではないか、と単純に考えていました。明治の文人諸氏はそのほとんどが庶民階級を出自としていますが、彼らは口語体による文学運動の時流に乗って、自分でも驚くほどの「出世」をしたために、自らの感性の土壌であるはずの日本的な庶民意識から解放された者という錯覚を知らず知らずのうちに抱懐してしまったのではないか、そしてそうした錯覚に付随する浮薄な優越意識に、自らの人生上の問題意識を重ね合わせた柳田は、そこに根底的な違和感を覚えざるを得なかったのではないか……柳田の文学青年から農学徒への決定的な転回の動機の一つに、そのような経緯を漠然と思い描いていたわけです。こうした私の狭隘な見方からは「もうひとつの可能性」は出てこないのでしょうが……。
 続いて高森文夫についての記事にコメントさせていただきます。

投稿: 屯倉 望 | 2011年8月22日 (月) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140154/50615605

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉と協働:

« 長嶺宏さんのこと | トップページ | 三人姉妹 »